廃棄PC・サーバのデータ消去を完全に行うにはどのようにしたら良いのでしょうか?
セラビでは、3種類の方法に対応しております。

1.ソフトウェアによるデータ消去

パソコンの主な記憶媒体であるハードディスクの記憶単位(セクタ)を専用装置で複数回上書きします。

このようにデータ消去することで、データ復元ソフトを使用しても復元できなくなります。(消去後のHDDはリユース可能です。)

セラビでは米国国家安全保障局(NSA)で定められた方式を通常方式として採用しています。

2.磁気破壊によるデータ消去

磁気破壊装置で強力な磁気をHDDに照射し、データを消去します。

HDDとしての機能も破壊され再利用も出来ない状態となります。磁気メディア(DAT,FD等)も一度に大量に消去可能です。

3.物理破壊によるデータ消去

専用の装置で物理的に記録部分(プラッタ)を湾曲させ、データ読込を不可能にします。

物理破壊前後の写真をオプションでお付けすることも可能です。(別途費用)

データ消去証明書

データ消去完了後は、お預かりした機器、HDDの個体情報、消去方法等の情報を記載した「データ消去証明書」を発行しております。
データ消去実施の証跡を記録として残しておくことで、廃棄パソコンからの情報漏洩のリスクは限りなくゼロに近づきます。

データ消去サービスの流れはこちら